mogumogumo.jp

モグ オフィシャル サイト

MENU

佐賀唐津 宝さがし留学!?

f:id:koenohon:20220704144557p:image


 

 


 

出会う

これは…小学校で配られたのかな?リビングのテーブルに学校からのプリントと共に置かれていたのでおそらく小学校からなのでしょう、こんな募集のパンフレットに出会いました。

f:id:koenohon:20220704145018j:image

題して《宝さがし留学》佐賀県唐津市の離島に子どもが1年間留学するという企画。なんて興味深い。しかもキャッチコピー“おとなになる前に、一生ものの宝を探そう。”が素敵。

僕はですね、この企画、本当にいいなと思ったのです。もちろん例え面白い企画であっても「さぁ挑戦してみよう」とはほとんどの人がならないでしょう。それまで暮らし方、子どもたちの今の生活、成長しつづける小学生の今を常に見ていてあげられなくなる事、1年という長い期間だという事、挑戦に伴う金銭面などなど、たとえやってみたくても色々な事情がありますし、きっと集まるのはほんの一握りの人たち。だけど、この企画がある事によって、その“ほんの一握り”の人たちが実際に動き、人生が大きく変わるって素晴らしい。1人でも人生が大きく変わったなら、もうそれだけで素晴らしすぎる企画だと思うのです。(この記事を見つけてくれた誰かの心に響いて、挑戦するきっかけになったなら、それもまた僕は嬉しいなぁ)

島だからこそできる体験、島だからこそ感じることができる魅力。「全ての島の大人が先生」も書いてある通り、多くの方や多くの事から学びのある留学になるでしょう。

 


 

 


 

留学の特徴

唐津7つの島のうち、馬渡島、加唐島、小川島、高島のいずれかで1年間学校へ通う。学校では少人数教育で協調性や助け合いの心を育む。…とパンフレットに書いてありまして、少人数教育…つまりそもそも離島ですから子どもが少ないんですね、調べたところ高島の小学校で令和3年度生徒9人。これって留学が更に良い体験になる要素のひとつではないでしょうか。みんな全員が友だちって、いいなぁ。年下の子がまだ出来ないことをファローしたりといった気配りが育ってくれると思います。それに勉強でわからないところは先生にたっぷり教えてもらえそう。小学校の学びとしては絶対アリなはず。

遊びに関しては唐津の海という絶対的に誇れる素晴らしい自然があるので、そういったものをたっぷり満喫してほしいですね。それこそウチの息子なんか、家の裏の用水路でいつも謎の小エビを獲りまくっているんですけど、釣りについてはもっぱらYouTubeで見続けて憧れるだけなので、留学したらそれこそ釣り天国だと思うんですけども。

 

 

留学タイプ

留学では3つのタイプがあり、まずは子どもだけで1年間留学する寮留学。島の祖父母の家で生活して学校へ通う孫留学はUターンにも繋がりますね。そして島の空き家を借りて学校へ通う家族留学、これは収入源の問題もありますが…YouTuberとか、面白い動画も撮れて子どもも新しい刺激が沢山で良いですね。あぁ僕もブロガーとして収入がもっとあったなら家族留学できるのに。笑

 

 

費用負担

・寮留学は寮への負担金として月額6万円
・家族留学には月4.5万円
 孫留学には月3万円の助成金有り
給食費/教材費学用品費/おこづかい等は実親負担
※令和4年時点の金額表記です

 

 

島へのアクセス

これも興味があって調べてみました。留学を検討するにあたり保護者がとても気になるところでしょう。寮留学の子たちがいる高島への船ですがJR唐津駅からタクシー5分、定期船に乗り10分で高島港に着きます。早い。定期船は日に6本、片道220円(子ども料金は半額)。便は悪くないですね、運賃もお手頃ですし。
更には海上タクシーも有り、こちらは随時運行、ひとりでの乗船になっても1000円、通常は片道500円(子ども料金は半額)。これ、すごく大事な点です。子どもに何かあってすぐに駆けつけたい場合に随時運行の海上タクシーがあるだけで安心感が違います。

 

 

YouTube

唐津市公式チャンネルの動画があります。こちらを見ると更に留学の様子が伝わるかと思います。寮留学は令和3年度からスタートなので寮がリフォームされたばかりでいいですね。

 

 

まとめ

というわけで今回は佐賀県唐津市の離島にて《宝さがし留学》という素晴らしい企画に出会いましたので紹介させていただきました。

最後となりますが、パンフレットの裏に書かれていた言葉の選びがすごく良いと思うのです。書かれていたのは「主人公(あなた)が最後に手に入れるのは、生きるチカラという名の宝」…そうこの留学の“答え”です。きっと、この挑戦する時にはもちろん沢山の不安があると思うのです。だけど、だからこそ、しっかりと答えを示してくれています。島だからこそ必ず手に入れてくれると確信した答えですね。だからもし興味を持ってくれた方はぜひ、不安を抱えつつも挑戦してみてください。そうしたらきっと、挑戦した人の数だけ、宝を手に入れるまでの、答えを手に入れるまでの、違った道程(感じる事/学んだ事/楽しんだ事/苦しんだ事/成長した事)があるはずです。

f:id:koenohon:20220704174307j:image

今回の記事で宝さがし留学に興味を持っていただけましたら、ぜひぜひ公式ホームページのリンクもご用意いたしましたので、更に詳細を調べてみてください。

 

 

宝さがし留学

おとなになる前に、一生ものの宝を探そう。
《ななつの島で、宝さがし留学》
募集期間:毎年9月下旬申込締切
対象者:小・中学生
留学対象島:馬渡島 / 加唐島 / 小川島 / 高島
留学期間:4月から翌年3月までの1年間
申込方法:事務局へお問い合せ
備考:申し込みは事前の現地説明会参加が条件
問合:からつ七つの島活性化協議会
HP:https://www.7islands-shimaryugaku.net/7islands/

 

 

 

記事紹介

近県情報ということで佐賀の誇るイベントと長崎のリゾート島の記事をどうぞ。

 

 

“日々のあれこれ”目次へ戻る 

《Menu》へ戻る