mogumogumo.jp

モグ オフィシャル サイト

MENU

ウォシュレットを議論する

“モグさんもゆく”とは
僕がこれまで書いてきたブログです。A版(AmebaBlog)でスタートし書籍化、そのL版(LINEBLOG)、N版(note版)と渡り歩きいてきました。それらの一部は音声小説コンテンツWritoneにてエッセイてして残しておりましたが、mogumogumo.jp立ち上げと共にこちらのマガジンへ移設します。

   

A版ウォシュレットを議論する

 

僕はトイレのウォシュレットをほとんど使わない。初めて使った時の衝撃と、気づかぬ間にボタンを押してしまった時の襲撃で、ウォシュレットとはそれ以降あまり縁がなくなってしまった。だけど今回、そのウォシュレットについて友人・玉葱君が意を決して言及した事で僕らは議論を始めた。


玉葱「…ウォシュレットってさ、どこを狙う?」

え?意味がわからない。

モグ「そりゃ肛門でないかい?」

玉葱「いや、そうなんだけどさ、穴を狙うのか、それとも穴付近を狙うのか…。」

穴?穴付近?

モグ「穴なのではないかい?」

玉葱「そうだよね、でもどこまで狙えばいいのか、微妙なとこで悩むよね。」

そんな深刻な顔で話す必要あるのか、この内容?

モグ「うーん…そんなの考えた事なかったな。」

 

でも、こんなに真剣に考える人間もいるんだ、何も考えずに生きてくのはダメなのかもしれないな。

モグ「今度、意識して使ってみるよ」

 

― そして、しばしの沈黙 ―

 

玉葱「あと、ウォシュレットって、使うと元気にならない?」

元気になる?

玉葱「ウォシュレット使うと俺、なんかアソコ、元気になっちゃうんだよね」

なんだそのカミングアウト。

玉葱「ならない?」

モグ「いや、ならないけど。」

玉葱「悩むな、お尻のためにはウォシュレット使ったほうが綺麗になりそうだし、でも使うと元気になっちゃうし。」

 

 

そしてウォシュレットについての議論は明確な答えが出ぬまま終わりを迎えたのだけど玉葱君の表情は心持ち、議論をする前よりも晴れやかだった。多分、玉葱君は議論という名のカミングアウトで少し気持ちがスッキリしたのだろう。それだけでも今回真剣に議論して良かったと思うのだった。

 

 

■《ウォシュレットを議論する》をボイスブックでどうぞ

アクター:kiki*

 

 

 

 

“モグさんもゆく”目次へ戻る 

《Menu》へ戻る

 

 

 


ネットショッピングはこちらからどうぞ
Amazon / 楽天市場 / Yahoo!