mogumogumo.jp

モグ オフィシャル サイト

MENU

秋月の素敵カフェ Cafe&Photo haco.

f:id:koenohon:20211011145740j:image

 

 

秋月城跡観光にて

小学3年生の息子ミツナリは歴史オタクの少年でして、今回は父と息子の2人きりで佐賀からドライブ、福岡県朝倉市にあります秋月城跡へ日帰り観光。秋月はとても素敵な観光スポットで親子2人、短時間ではありますがものすごく楽しんで、それを記事に書きたいのですが、だがしかし。今回はまず、観光の中で見つけた素敵カフェをご紹介。

(秋月城跡観光の記事は後日改めて)

 

 

素敵カフェ

秋月の風景が素晴らしすぎて、歩いているだけで楽しかった親子ですが、通りかかった瞬間、「なんてオシャレな」と心奪われてしまったのはCafe&Photo haco.(カフェ&フォト ハコ.)

f:id:koenohon:20211011134253j:image

 

この外観、可愛すぎません?僕の可愛さとドッコイドッコイなくらい可愛い。あ、最近こういう発言をするたびミツナリはドン引きで言葉無く苦笑いし小学5年の娘ホノカは「キモい」と言ってくるので、実はこういう発言自体を極力控えるようにしています(ネットなら言えちゃうもんねー)

 

「よし、とーちゃんはアイスコーヒー」店の前で急にそう宣言し、ミツナリ少年も外に書いてあるメニューから何を飲むか真剣に検討。「いちごミルク…バナナジュース…」僕は自家製レモネードも良さげだなとか横で思いながら少年の検討を見守り、そして出した答えが「ソーダ!」そうと決まれば早速店内へ。

 

中に入ると…何から何までオシャレで驚きました。 ドライフラワー素敵すぎ。

f:id:koenohon:20211011135214j:image

 

多分ここから数行、僕の言いたいことが読者さんに全く伝わらないとは思うのですが…

ホント何から何までオシャレで僕はついつい「オシャレの極みブレンドじゃないか…」と呟きました。
※オシャレ過ぎるものに対して“オシャレの極みブレンド”という表現を僕は使います。語呂のみを重視した言葉選びなので“ブレンド”に意味はありません。ちなみにあまりダサい行動を見た時に「クソダサの極みブレンドじゃないか」と使います。こちらも語呂のみを重視した言葉選びなので“ブレンド”に意味はありません

置く家具、飾るアイテム、そのひとつひとつに“これを選んだ”という意思があるようなチョイスで僕は「センスの鎌足(かまたり)だ…」とも呟きました。

藤原鎌足(ふじわらのかまたり)の鎌足(かまたり)と塊(かたまり)が似てるというだけでの言葉選びなので、もちろんそれ以上に別の深い意味はありません。
はい、なんだか失礼いたしました。

 

 

ソーダと決めて入店したミツナリも一応メニュー表をもう一度見て再検討。でもやっぱり変わらず梅ソーダを注文。

f:id:koenohon:20211011141214j:image

 

ドリンクを待つ間、センスの鎌足たちを満喫

f:id:koenohon:20211011143506j:image

個人的には画像中央、壁際にあるミシンが気に入りました。素敵。

あと画像下のハロウィン的飾り付け。ハロウィンのキャンペーンみたいなのをちょうどやっていて子どもはそこから1つ選んでお菓子をもらえました。ミツナリも選んで容器から出そうとした…お菓子の袋が挟まって出せない(笑)袋が破れるのを覚悟で無理矢理引っ張り出した父でした。

f:id:koenohon:20211011143821j:image

 

さらにセンスの鎌足たちを楽しんで…フォトスタジオ的な。


f:id:koenohon:20211011144022j:image

f:id:koenohon:20211011144025j:image

 

映えるわ。コレは映えるわ。さすがCafe&Photo
せっかくなのでミツナリをモデルに撮らせてもらいました。ポージング指導は父。

f:id:koenohon:20211011144252j:image

 

そんなふうに遊んでいたらドリンクが届きました。

f:id:koenohon:20211011144354j:image

なんだろう…映えるわ…もうホント全てが映えるわ…。
コーヒーをひとくちミツナリ少年にあげたら「美味しい!」と喜んでました。実はミツナリ少年、小学3年にして毎週父の珈琲豆焙煎を手伝い、毎朝ハンドドリップかエアロプレスでコーヒーを淹れてくれる男なのですが。そんなミツナリもコーヒーを美味しいと喜んだすぐ後にはもう梅ソーダに夢中。コーヒーよりも梅ソーダのようです。そこはやはり少年。

 

ミツナリ少年があまりに喜んでくれたので僕も嬉しくなり、入店前に「いらない」と言っていたマフィンを「食べられなかったらとーちゃんが食べるから大丈夫」と注文。

 

マフィンがこれまた…映えるわ笑

f:id:koenohon:20211011153119j:image

 

ミツナリ少年、入店前の「いらない」はなんだったのか、テンション高めに食べてた。

f:id:koenohon:20211011153226j:image

 

味は大満足のようでこの顔。

f:id:koenohon:20211011153312j:image

 

結局僕はひとくち…にも満たない量しかもらえなかったので次回は必ずや。でも味わったひとくちはとっても優しいお味で、こういうのこそ本当は普段から子どもに食べてもらいたいなと父的には強く思いました。

今回は初めてなのでとりあえずプレーンを注文したのですが、毎回色々味が違うらしいです。数種類並んでたのですが、店主の気分で出すものが決まるらしく。記事執筆にあたり調べてソレを知ってたのですが、最初から知ってたら迷わずコロッケを選んでいたのに。…マフィンのコロッケ味、すごい、攻めてる。

 

この日はとーちゃん特製炒飯弁当を持参していたのでランチメニューは細かくチェックしなかったのですが、こちらも記事執筆にあたり調べてみるとハンバーグすごく美味しそう。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by 𝚌𝚊𝚏é & 𝚙𝚑𝚘𝚝𝚘 𝚑𝚊𝚌𝚘. (@haco_cafephoto)

www.instagram.com

僕ら親子は日曜の12時30分頃の入店で、すでに完売の書かれていたので、ランチをご希望の場合には予約をした方が良いでしょう。

 

以上、秋月にある素敵カフェのご紹介。御近所だったら常連になること間違いなし、遠出で行っても秋月の素晴らしい町並みと共に存分に満喫出来て満足すること間違いなし。とってもオススメなカフェでした。

 

 

 

追記

記事投稿後、1枚アップし忘れた写真に気付きました(焦)店舗フロア中央のこちら。

f:id:koenohon:20211012073430j:image

なんて可愛らしい。そして横にはこれまた可愛いハンドメイドアクセサリーが販売されていましたので、御来店の際にはぜひぜひチェックしてみてください。

 

 

 

店舗情報

Cafe&Photo haco. (カフェ&フォト ハコ.)
福岡県朝倉市秋月野鳥685-1
アクセス:駅  西鉄甘木線/甘木駅(西鉄出入口)7.0km
     バス停  甘木観光バス 秋月線 野鳥420m
営業:土日祝 / 平日はclose(夜cafe有)
電話:0946-23-9771
SNSFacebook  /  Instagram
備考:カフェの情報は投稿時(2021年10月12日)のものです

 

 

おすすめ記事

ブロガーでありイベンターである僕としては、素敵なカフェで良い時間を過ごすとついつい「カフェライブやりたいな」と思ってしまいます。hacoでタテタカコさんのライブとか良いライブになりそう…とか妄想(笑)

f:id:koenohon:20211006223802j:plain
f:id:koenohon:20210929164424j:plain

 

 

“日々のあれこれ”目次へ戻る 

《Menu》へ戻る