mogumogumo.jp

モグ オフィシャル サイト

MENU

僕が一重から二重になった方法


 

 


 


“モグさんもゆく”とは

僕がこれまで書いてきたブログです。A版(AmebaBlog)でスタートし書籍化、そのL版(LINEBLOG)、N版(note版)と渡り歩きいてきました。それらの一部は音声小説コンテンツWritoneにてエッセイてして残しておりましたが、mogumogumo.jp立ち上げと共にこちらのマガジンへ移設します。

 

 

N版

モグゆくL版 (2019.04 - 2019.11)
noteにて投稿のブログより

 

 

作品紹介

2019年11月、noteにて投稿。過去の記事を当ブログ《mogumogumo.jp》へと移設するだけですので、記事内容が参考になるようなものでうはない点はどうぞご了承ください。当時の僕がリアルに経験した事(経験中な事)を書いた、そんな内容です。

 

 


 

 


 

 

僕が一重から二重になった方法

タイトルは《僕が一重から二重になった方法》、それって説明不足過ぎて誤解を生みそうなので、少し説明から。

まずは一重だった事について。僕は昔からずっと一重だった、と思っている。ただ実際にはよくわからない、もしかしたらほぼほぼ一重みたいな奥二重をしていたのかもしれない。

そして、二重になった事について。僕は今、38歳。左目は結構ハッキリとした奥二重、右目は少しわかりにくい奥二重。まだ左目ほどではない右目も、おそらく40歳になる頃にはハッキリとした奥二重になっていると思う。

左目がハッキリとした奥二重になったことで僕が初めて経験したのは。前髪が奥二重の間に巻き込まれイタタタタとなること。現在週2〜3回ぐらいのペースでなるんだけど、どうしても慣れず、毎回急な痛みに驚かされている。

さぁ説明を終え、参考になるかどうかはわからないが、最後に《僕が一重から二重になった方法》を発表して終わりとする。

僕が一重から二重になった方法、それは

 

 

老化現象です。

 

 

皮膚下がってきて。まぶたも重くなってきた。肌が加齢に耐えきれなくなってきた。老化現象ってなかなかあからさまに変化がでるのね。

以上で記事終わりです、お読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 “モグさんもゆく”目次へ戻る 

《Menu》へ戻る

 

 

 


記事紹介

ご一緒にこちらの記事も