mogumogumo.jp

モグ オフィシャル サイト

MENU

新潟から届いたという、どうでもよくない話

f:id:koenohon:20220731144453p:image


 

 


 

 

Podcast《ようじろうの(どうでも)いい話》を配信しているようじろうさんことラジオDJ遠藤洋次郎さん、新潟の高校野球ファンはきっと今年も実況で、ラジオファンはきっと今はなきFM PORTで、その声を聴いていたでしょう、そんな遠藤洋次郎さんから、なんとなんと。

というか、僕は音声コンテンツWritoneで出会い、その後、僕の運営するコンテンツ八雲百貨店でも遠藤洋次郎さんが実行委員長を務めるにいがたショートストーリープロジェクトでも大変お世話になっており、僕はポッドキャスト同様“ようじろうさん”と呼んでいるので、この記事でもようじろうさんと書かせていただきますね。

それで、そのようじろうさんから昨日、何かが届きました。

f:id:koenohon:20220731143952j:image

 

《ようじろうの(どうでも)いい話》リスナーであるミツナリ少年も、あの“ようじろうさん”から何かが届いた事に大喜び。ところでミツナリ少年が何故シュノーケルをしているのかは…《ミツナリ少年 2022夏休み 静岡清水満喫旅 前編》に書きたしたので、お暇な時にご覧くださいませ。

 

さてさて、ようじろうさんから届いた箱を親子2人でワクワクしながら開けてみると、そこに 枝豆!

f:id:koenohon:20220731144004j:image

 

親子で歓喜ですよ。僕はもちろんの事、《ようじろうの(どうでも)いい話》リスナーのミツナリ少年もこの枝豆がどんな枝豆かすぐに理解して大喜びですよ。

この枝豆は…ようじろうさんが手塩にかけて育てたものなのです。そう、この枝豆は“(どうでも)いい話”とは言えない、絶対“どうでもよくない話”な頂き物のです。

あまりに嬉しさでミツナリ少年の顔がどんどん枝豆に近づいていきますが、落ち着け、いくらシュノーケルをしてるからって潜ってはならぬぞ。

f:id:koenohon:20220731144001j:image

 

早速本日、妻に茹でてもらいまして今夜の食卓に登場です。というか夕食前ですが我慢できずに少しだけ食べちゃいました。めちゃうま。まちゃうまです。

f:id:koenohon:20220731143956j:image

 

ようじろうさん、本当に嬉しいプレミアムな頂き物、ありがとうございます。家族皆で美味しい枝豆を堪能させていただきます。

いやぁしかし、すごいですよ、ようじろうさん。ラジオDJとしてももちろんプロフェッショナルならば、農家としてもプロフェッショナル。しかも最近はランナーとしてもマラソンの大会に出てどんどん自己新を塗り替えていますからね。マルチな活躍、尊敬してます。

 

ところで、今回ようじろうさんから枝豆が届いたのは僕的にすごくタイムリーな展開で。実はここ2週間ぐらい考えた事があったのです。それはですね、僕の住んでる佐賀の“佐賀らしいもの”、または故郷であり出張で毎月のように行っている静岡の“静岡らしいもの”を送ってレビューを書いてもらうという企画です。個人的に“静岡らしいもの”の方が面白いかなと思っていて…静岡というか静岡清水、缶詰ばかり送りつけるとか。「なんでツナ缶ばかりこんな送ってくるんだよ…」ようじろうさんの困惑顔を想像するとワクワクしちゃいます。ツナ缶ばかり食べて困惑感満載のレビューとか最高。

なんだか日頃のご恩、枝豆のご恩を仇にして返すみたいな企画ですが、やりましょう。ようじろうさん、9月中旬にまずは静岡編、“静岡らしいもの”をお届けしますので、お楽しみに。

 

というわけで、今回の記事は以上です。改めまして、ようじろうさん、素敵な枝豆をありがとうございました。

さぁ今夜は枝豆パーティーを楽しみます。

 

 

 

 


記事紹介